憶えがき

自転車、手芸、お散歩、へたくそな写真。

Trek-Segafredo 2017期の選手27人分のカートゥーンキャラをイラレで作る、それらについての裏話

お絵描きはシュミ、仕事はDTPオペレーター。※クリエイティブではない

本当はもっと誇らしい良いお話として発表できれば良かったんだけど、一年経ったのでもう時効かなー(笑)。ということで、数人にしかしてなかったお話をこっそり記す。関係してる方々が一応現役でお仕事なさってる人ばっかりなので、お名前は伏せておく。

f:id:piyoc0:20171106012634j:plain
2016年のジャパンカップで、仕事で得たスキルをシュミに注ぎ込んでAdobe Illustratorで作ったステッカーを選手にあげたら、カンチェラーラ引退花束贈呈セレモニーのため来日した某アメリカ自転車メーカー副社長氏の目に止まり、来季の選手全員分作らないか?と言われた。こちとらただのファンアートだったんだけど、彼にはフリーランスのプロイラストレーターが売り込んできたようにも見えたらしい(イラレの処理だけはプロだが)。「It's fine, VERY fine!」とか言われて浮かれてホゲ〜っとなりながらもホイホイ引き受けた。おおサンキューサンキューと笑顔でわたしのステッカーを受け取っときながら、全員分描く気は無いかと聞いてきた時の彼の目が、獲物を狙う鷹の目にサッと変わったのが印象的だった。イラストに対する対価を教えてくれ、と。おカネでも良いし、お気に入りの選手のサイン入りジャージとか、チームカーに乗ってコースを一周するとか、アフターパーティに招待するとか、そんな報酬なら簡単に用意出来るし希望があるなら言って欲しいと。嘘のような本当の話である。正直大変ビビった。うっかり安く引き受けちゃうと、そういう前例になってしまって今後に良くないことに成り得ちゃうんじゃないか?などと考えてしまい、お知り合いのフリーランスのプロイラストレーターさんに適正価格的な相談をしていたんだけれど、報酬とか収入とかの形で受け取っちゃうと税金がめんどくさいななどと小市民的な考えに至り、せっかく自転車メーカーさんとお仕事するのだからここはひとつ、27人分の適正価格に沿ったフラッグシップモデル一台カラーオーダーとかどうよ?と間に入っていただいた方に(流石に英語での取引はわたしには不可能だ)返信。おカネは使っちゃうから、トロフィー的なものを貰って残してもいいんじゃないかと。セミオーダーラインから外れたカラーリングでどうしても欲しいものがあって、特殊なワガママがうっかり通ったらラッキー☆程度の軽い気持ちで。
まあ案の定本国からは音信不通になりました(笑)絵を商売にしてるわけではないので、死ぬ気で仕事につなげたい!とも思ってなかったけれど、ゆえに安売りする気もない。まあそんなもんだろうと、特に残念がって凹んでないんですが(本当に)。おそらくよくある話であろう。ただ、副社長氏があの時言ってくれた「It's fine, VERY fine!」は本当にそう思ったからであろうし、嘘でもお世辞でもなかったと思う。わたしは選手が喜んでウケてくれればそれで良いのだ。ただ、相談に乗っていただいた方々に良い報告が出来なかったのが残念である。それだけは本当に悔やまれる。

結果的に公式キャラにはならなかったけど公表するなとも言われなかったので、レースで勝ったり、誕生日だったり、グランツールのメンツが発表になったらツイッターにあげたりしていた。折角27人分描いたのに、お蔵入りはやっぱ悔しいし。有難い事に、それなりに良い反応はいただけたと思う。このテの事に興味ある、もしく好意的な選手と、全く興味が無い選手とが両方いて面白かったね。今年は前半に時間があったから全員分やったけど、来年はどうするか不明。イチオシの選手、キャメロン・マイヤーもワールドチームに復帰したことだしこっちに力入れたい(残念ながら彼はあまりこのテの事に興味が無いようだが)。

思いがけず長くなってしまったので、Illustratorによるキャラのメイキングは次回。

中年ヒキニート、アイルランドにロードレースを観に行く旅行記

f:id:piyoc0:20170521014805j:plain
ぐじゃぐじゃ迷ってたり戸籍をどこだったか忘れてたりして、パスポートを受け取れたのが5月の連休明け。
自分で航空券探しても乗り継ぎがクソ長かったりしたので、エッチアイエスの窓口に行く。
今回はエミレーツ航空を使う事にしたので、出発が成田第二ターミナル。北ウィングが歌えない。
ホテルがね…取れなくてね…。アイルランドの田舎町がゴールなので、そもそもホテル自体が少ない。あってもレース関係者用に押さえられてるだろう。ドミトリーは勘弁だったが、ちゃんとしたホテルじゃなくBB(ベッド&ブレックファースト)で良いのに、高いホテルしか探してくれず…まあ代理店だから仕方ないか。初日の夜と出国前のホテルだけ取ってもらい、残りはブッキングとかホテルドットコムとかでなんとか押さえた。

続きを読む

中年ヒキニート、アイルランドにロードレースを観に行く:序章

ご無沙汰しております、ほんっっっっとに。
いろいろありまして、2016年末より無職ヒキニートしております。
一月に入院して手術して、一ヶ月くらいは自宅療養といってましたが派遣会社管理課の手違いで傷病手当金が受け取れず、これ以上ここで働ける気がしない。
長年お世話になった派遣会社にこういう形で裏切られるとは思わなんだ。まあ、そういう扱いを受ける程度のスタッフだったんでしょう、わたくしは。
マ**ビつぶれろ。

続きを読む

05/03/2014 多摩川上流の阿蘇神社へ自転車的初詣


今頃GWネタとか、いいのだ。書きたい時にアップする、それが俺のジャスティス
話には聞いていた、多摩川の上流にある神社まで、自転車お守りを頂きに行きたく、陽気が良くなるを待ってたら五月になってしまった。
お天気も良いのでえいやっと行って来た。北上するのは初めて。

続きを読む

CYCLE SPORTS 8月号特別付録オリジナル防水ポーチ


iPhoneジップロックに入れて、ジャージのポケットに入れて走ってたんだけど、道ばたで取り出して検索とかするとシワが日光に反射して画面が読めないorz
サイクリング用モバイルケースが欲しかったところへ、サイスポの付録ですよ。わたしが買ったのは第二弾で、第一弾の改良型らしい。付録にしては評判が良かったので、バックナンバー取り寄せようかと考えてたところに今月号が出たので買ってみた。
おお、ケースを付けたまま入るじゃないの!が、ジャージのポケットに入るだらうか。
次のサイクリングに持ってくつもり(ゝω・)

10/25/2013 さいたまクリテリウム by ツール・ド・フランスを観に行く


中途半端な時期に中途半端は記事を思い出したようにうぷ。それが俺のジャスティス

怒濤のジャパンカップ追っかけの熱醒めやらぬ土曜日、今度は台風に見舞われながらさいたまクリテリウムを観に行って来た。
正直行くの迷ったくらいだったんだけど、スター選手の走りを観られる機会もそうそうないだろうし、純粋にレース観戦だけ。宇都宮と違ってどのくらいの人出になるか、全く見当が付かない。場所取り禁止とか言ってるし。不安要素を煽るような空模様だし。やれやれ。

続きを読む

10/18-21 ジャパンカップを観に行く 2013


やっとこさこのネタに着手出来るorz とにかく長い。
昨年に引き続き、宇都宮まで観に行ってきた。今年は一押しのチームRADIOSHACK LEOPARD TREK(以下、ウチのチーム)含め、USIプロチーム7チーム来日ですよ!ウチのチームが来るならレースだけじゃなくチームプレゼンから行かねば!ああ誰が来てくれるの!取りあえず宇都宮のホテルを予約。
チーム発表があった時点では、Chris HONERとMaxime MONFORTがメンバーに入ってたのですが最終的には二人とも来ませんでしたorz ホーナーさんは夏のブエルタ・ア・エスパーニャにて、グランツール最年長選手ステージ優勝、リーダージャージ着用&総合優勝とすばらしい快挙を成し遂げたので大変楽しみにしてたんだけども、9月の世界選手権で肋骨を折ってしまいシーズン終了と相成りました。モンフォールさんも直前のツール・ド・北京では走ってらしたんだけども、なぜか来てくれませんでした。ツール(フランスの方)中に移籍発表があったので、来てほしかったんだけどなあ。アンディやカンチェさんなんかハナから無理だし、ホテルキャンセルしようかなーまで考えたけども、気を取り直して金曜日のチームプレゼンから宇都宮入りした。

・最終的来日メンバー
HERMANS, Ben (BEL) / ベン・ヘルマンズ(ベルギー
JUNGELS, Bob (LUX) / ボブ・ユンヘルス(ルクセンブルク
BENNETT, George (NZL) / ジョージ・ベネット(ニュージーランド
OLIVEIRA, Nelson (POR) / ネルソン・オリヴェイラポーランド
ROULSTON, Hayden (NZL) / ヘイデン・ロールストン(ニュージーランド

続きを読む